知る人ぞ知る宗教法人買収のメリット その1(税金対策)

最近、にわかにお寺の売買が行われるようになっています。なぜだかご存じでしょうか?

純粋にお寺を継承する目的の方もいれば、そうでない方も多数。

ここでは、そうでない方が「宗教法人」を購入することによって得られるメリットについて解説いたします。

で、さっそく結論から申し上げると、「宗教法人」を取得して税金対策、節税するというのが最大のメリットなのです。

当然のことながら、大きな欠損を抱えている宗教法人を購入すれば、節税額もそれだけ大きくなります。くれぐれも損金算入を忘れずに。

実際に売りに出ている宗教法人は決して少ない数ではなく、販売金額も数百万円から数億円のものまで。

地方を中心に、人口減少、檀家の現象が起きていますから、これからますます売却に出される寺院が増えていくのは間違いないでしょう。

それから相続対策になることも見逃せません。こちらは関心のある方も多いのではないでしょうか?

宗教法人の継承は、実は代表役員の変更という登記手続だけで可能なんです。しかも登記手数料はかかりません。

個人の方が宗教法人に寄付できる金額には上限がないうえに、寄付を受けた宗教法人には一切税金がかからないのです。

その後、宗教法人の代表役員を子孫に変更登記すれば、、、、、、、ですよ。

 

 

お寺を売買したい、売りたい、買いたい・・・
そんな方々に向けて、私たち寺ラボは非公開物件情報をご紹介いたしております。
ただし、物件情報の開示はお問い合わせをいただいた方のみとさせていただいております。
事故物件、不良物件などは一切取り扱っておりませんので、ご安心ください。

非公開物件情報について問い合わせてみる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP