宗教法人の継承者(買い手)を探したい


寺ラボでは宗教法人(お寺)の継承者探しをお手伝いいたします。
現在、様々な事情により、お寺の存続が難しくなっております。
主には、収入の減少による経営難、継承者不在による存続難などさまざまです。
昨今では、お寺を手放し次の方に継承していただきたいと考える方も多くなってきております。

宗教法人には包括法人と単立法人がありますが、後者では特に宗教法人の売買による継承が行われています。

宗教法人(お寺)を売るという選択

今までお寺を運営してきて、さまざまな事情で運営難になってしまった場合にも選択肢がいくつかございます。
寺ラボでは次の継承者の方へ宗教法人を売り、継承するという方法もあるということをご提案いたします。

 

お寺を売るというのは選択肢に挙がりづらいかもしれません、しかしながら、纏まった金額を慰労金としていただくことが出来る事や、次の継承者の方がきちんと法人を継承していただけるので、宗教法人を存続させることが出来るのです。

包括法人と単立法人

単立法人の場合は、先のような売買による継承が難しくはないのですが、包括法人の場合は簡単にはいきません。
包括法人の代表役員の方で、宗教法人を売る場合、寺院規則を変更し単立法人に変更しなくてはなりません。

寺ラボでは、そういった寺院規則の変更や継承者の紹介など様々なお手伝いが可能です。

その後の宗教活動も可能

どの様に売買をしたかによって、その後の宗教活動や、宗教法人の取得も可能です。
例えば現在庫裏にお住いの場合、土地建物も含めて宗教法人を売った場合、そこを出る必要がありますが、宗教法人のみを売買した場合、その場所に住み続けることができます。また、その場所で宗教活動を続けることが出来るので、新たに宗教法人を設立することが出来ます(寺ラボではそのお手伝いもさせていただきます)

まずは寺ラボにご連絡ください

宗教法人を手放し、次の継承者を見つけるというのは法人の運営では前向きな選択肢になりえます。
また、手放さずに再建する方法ももちろんありますので、宗教法人の運営でお悩みの方はまずは寺ラボにご相談ください。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP